水質改善

2012年5月 7日 (月)

レッドシー「NO3PO4x」使用

どうしても硝酸塩の濃度が下がらない。

リン酸塩は調子が良いのですが、バクテリアのバランスが悪いんでしょうね・・・

さて、どうしようか・・・などと考える。

・・・・

ずっと、Zeovitのバクテリアしか使っていないので、バイオダイジェストでも

入れてみるかな?

それとも・・・・

と、いうわけで「NO3PO4x」を改めて添加してみました。

水槽の水量は220L計算で、添加は4ccを毎晩です。

Zeoの添加剤は、

ZeoStart3を規定量で、Zeobakは週一で2滴です。

スタート値は

硝酸塩・・・5.0ppm

リン酸塩・・・0ppm

1週目

硝酸塩・・・5.0ppm-

リン酸塩・・・0ppm

2週目

硝酸塩・・・2.5ppm

リン酸塩・・・0ppm

3週目

硝酸塩・・・0~2.5ppm

リン酸塩・・・0ppm

以上の結果で推移しています。

使用感としては、緩やかな効き心地です。

比較対象は限られますが、「A-Z NO3」よりずいぶんと緩やかです。

生体にはこの緩やかな方が良いのでしょうね。

水槽内の変化としては、ガラス面に生える苔がずいぶんと減りました。

現在は週一のガラス掃除で十分な状態です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

未確認物体(コケ??)減少中!!(^^v

ずーーーーーーっと、悩まされてきた我が家の未確認生体がやっと減少してきました!

この、コケ?なのかモズクなのか?とにかくよくわからない(調べてもいないのですが・・・)

ようやく根絶の目処がたってきました。

まず、第一段階の増加に歯止めがかかったきっかけらしいのが・・

・ある黒酢の添加をやめた。

・サンゴが白化方向で侵食さえれていたのを、白化する前に出してしまった。

ここまでが第一段階。

栄養源になっているかも知れないのを絶ったわけです。

第二段階が・・・

・サンプ、循環機器、スキマーの大掃除

・ゼオライト撤去

なぜか、この作業で劇的に減ってきました。

現在は、1/50くらいになりました。

Img_8256

ここだけです(^^v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

カルシウムリアクターと石灰そうとライブロックのコケ

SPSを撤去、更にはプチリセットを行い、魚を少し減らしてライブロックを組み直し

照明は従来の35%に減少。更にはカルシウムリアクター停止。

その他は従来通りなのですが、このところ、水槽の見た目に変化がでてきました。悪い方向にw

その変化とは、茶色化現象ww

ライブロックが茶色くなってきて、全体的に汚い感じに(汗)

これってコケですかね、、どう見ても・・・(^^;

原因は、カルシウムリアクターだろうな~、やはり、、KHも6しかないし。

みすぼらしいので、画像は無しで(^^;

ちなみに他は特にコケが多いってのはありません。

ライブロックに付着している石灰藻の勢力減少が原因かと、、

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

こんなん買って見ました。レッドーシーリーフカラーB

3週間ほど前から、なぜか?硝酸塩が発生中のわが水槽。

いろいろとコメントしていただき、カリウムが足りないのでは?とのご指摘♪

Img_7235_2

で、早速噂のあれを買ってきました(^^v

ただ、現状の水槽水のカリウム濃度がわからない・・・w

・・・ので、生体の様子を見ながら入れてみることに。

我が家の水槽水量は約300L・・・

説明書を読むと、1ml/100Lで1.75ppmプラスされるらしい。

そうすると、・・・

我が家は50mlで、29.1ppmプラスされることになる。

自然のK濃度が399ppmくらいらしいので、29ppmくらいがプラスされても

問題ないと判断。

とりあえず、付属キャップ1杯(50ml)を入れてみることに。

早速キャップア開けてみると・・・透明な液体。・・・・おや?赤い粉が沈殿しておるw

なので、よくシェイクしましょ♪

さあ。よいこと起きるかな(^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

TDSを測ってみた。

TDSって、ぜんぜん知らなかった・・・うつけ者フラン

しっかり教えていただき・・・TDS測定器をお安く譲っていただきました。

Img_6467

早速、測定~。

*********

水道水・・・150

家庭用浄水器・・・110

うちの淡水水槽・・・110

RO水・・・1

********

恐ろしいのは・・・浄水器の水と、淡水水槽の飼育水が同じ値だって事・・・(^^;;;

まあ、成分は違うんでしょうけど、水道水にいたっては、お魚の飼育水より不純物が多い・・・・(汗)

こんなの測ったら、飲めないなぁ(^^;

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

メタハラ「シエロ」導入~♪ 

先日、海外製メタハラ灯具に失敗した記事を書きましたが・・・・

それが、ほとんど唯一の灯具だったので・・・

あわてて、別のを手配しましたsad

ほんと、痛い出費wobbly

・・・・

それで、今回は失敗したくないので・・・ちゃんと国産?を・・・

というわけでクラマタ産業の「シエロ」を注文しましたlovely

早速、取り付けてみると・・・

Img_6369_2

ちょうど、水槽の中心から左に10cmくらいのところに取り付け。右のサンゴに向けて

照らしています。

また、岡村メタハラ70Wディープブルーを右端から、左に照射しています。

・・・こんなかんじです・・・

Img_6367

まだ、仮設置のため汚いのはご容赦を・・・sweat01

なにぶん、出社前の朝に設置したので・・・・(^^;

とりあえず、これでだいぶ違うでしょう!

ちなみに照度は・・・

水面付近で、130000ルクスほど出てました(^^v

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

底砂 抜き出し作業 

BP(BB)をはじめてずっと思っていたこと。

なぜ濾過材がないのに大量の硝酸塩が発生するのか?

明らかに10cm以上ある底砂なのではないか?

この疑問がずっと頭にありましたが、大変な作業のうえ底砂を弄るのはリスクがある。

ずっとてをこまねいていました。

ここ最近は、Zeoに手を出し、上手く回らない。

Zeoのガイドラインに「底砂は1cm」とあり、とうとう底砂を取り出す決意をしました。

抜く前がこれ。

Img_6116

Img_6117

これだけの砂を抜くには、きちんと段取りと準備が必要です。

まず、大量の海水を用意しました。今回は170Lです。

あと、魚やサンゴを退避させておく容器。50Lの収納容器を今回は使用。

あと、抜いた砂を入れておく容器。あとはヒーターやらエアポンプやら。

朝8時。ここから作業開始。

まず、魚とサンゴの退避

Img_6122

ライブロックでいっぱいですsweat01

この中にサンゴも魚も入っていますhappy01

ここでクマノミがすごくふといことに気がつく・・・・

Img_6123

上から見ることが、ほとんどなかったので改めてみると、かなりのマッチョです(笑)

そしてどんどん底砂を出していきます~!

抜き終わった水槽がこれ

Img_6125

このあと、海水を抜きさらにRO水で残った砂を洗浄。

あとは、ライブロックとサンゴを戻して・・・

Img_6129

うーん・・・砂を抜いたおかげで、水面までの高さが増しましたshine

しかし、何度やってもへたくそな組み方・・・なかなか上達しませんcoldsweats01

これで90cmはおしまい。

同じ作業を60cmにもします。

Img_6130

そして完成がこれ。

この時点で17時。あらまし9時間・・・・happy02

抜いた砂は、一人で持てずに家内に手伝ってもらいました。(ありがとー!wink

やっと終わった・・・・

このあと、車のリアカメラ取り付け・・・・sweat01

がんばって、終わりましたがクタクタです~オワタ┗(^o^ )┓三

ここで、水質検査

硝酸塩2.5ppm

リン酸塩0.5ppm-

結構な量の海水を換えたのだが・・・・(爆)

まあ、ここの値がスタートです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

マグネシウムとKH 初測定

昨晩に帰宅したら、注文していたマグネシウム測定キットと、KH測定キットが届いていました!

これで、気になっていた2つについて調べる事が出来ます!

早速測定~!

塩分濃度 1.026

KH 8

マグネシウム 1600ppm

ちなみに硝酸塩は5.0ppm・・・down

おやー!!??

マグネシウムが・・・??

まったく予想外!

しかも1600とは・・・高すぎるのでは・・・・。sweat01

何かの間違いかも知れない・・・・今晩もう一度測定してみよう・・・。

あと、KH8ってどうなんだろう?

・・・ぜんぜんわからんcoldsweats01

勉強せねば・・・・。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

鉄釘タンク(リン酸塩除去)その後

鉄釘タンクをっ設置して、5日が経ちました。

早速、本水槽のリン酸塩を測定すると・・・

0.5ppm

上がってないので、聞いてるのかな?それとも、BBシステムの効果かな?

・・・というわけで、タンク内の海水も測定。

0.1ppm

やっぱり、機能している様子。

鉄イオンは光合成のUPや、魚の色揚げにも効果があるとの事。

なんにしても、これでしばしは様子を見ようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

水質改善 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

白濁はなに?(その二)

↓(無知な私が、勝手に想像で書いています。正常な方は読まないで下さい。汗)

この前、白濁の正体に疑問をもち、調べてみました。

下記の海水それぞれに、みりんを1cc投入しフタをしてサンプで24時間。

<結果>

水槽海水・・・アンモニア0ppm、亜硝酸塩0ppm、硝酸塩0ppm

無菌海水・・・アンモニア0ppm、亜硝酸塩0ppm、硝酸塩0ppm

Img_4462 右と左では、あきらかに白濁の様子が違うのが写真でも見て取れると思いますが、測った内容での違いはありませんでした。

そこで、今度はエアレーションをして培養したものを測定してみました。

結果は

水槽海水(エアレーション)・・・

アンモニア・・・0ppm、亜硝酸塩・・・0ppm

硝酸塩・・・0ppm、リン酸塩・・・0.5ppm(本水槽と同じ)

以上です。

結果は、何も変化が無し。

・・・困りました。

あとは、バクテリアの密度などが判れば、仮説は立てやすいのですが判りません(汗)

《仮説1》

「バクテリアはおそらく増えている」と仮説を立てると、培養している浮遊バクテリアには「硝化能力がほとんど無い」といえる。

この仮説で考えると、

小型水槽でおきた「炭素元添加で白濁が消えず、アンモニアが上昇」というのも「バクテリアが増えたが、アンモニアが処理できず、硝酸塩が生成ざれない。結果、バクテリアがBBシステムで期待されている仕事が出来ない。」といえると思います。

《仮説2》

「バクテリアは培養されていない」とする。

白濁の様子が異なるのは、何らかの化学変化の違いと推測されます。処理できない有機物が水中にたくさん存在する状態です。

この仮説の方がライブロックを入れたことで、白濁が消失する現象を説明し易いです。(ライブロックが有機物を硝化作用で分解・・・)

ただ、そうすると海水を直接添加するのが意味がなくなるような・・・・?

うーん、バクテリア密度を測ってみたいものです。

600倍くらいの子供顕微鏡で見えるのかな?

(ここまで読んだ方は、お疲れ様でした。

私みたいにおバカになっちゃいますので、忘れてください。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)