« 新しい仲間  | トップページ | ZeoとAZ-NO3 »

2011年5月24日 (火)

水質測定(詳細バージョン)~未だに硝酸塩が・・

今回は、終らない硝酸塩地獄から脱出する糸口を見つけるために

いろいろと測定してみました。

***********

アンモニア・・・0ppm

硝酸塩・・・2.5~5.0ppm

亜硝酸塩・・・0ppm

リン酸塩・・・0.1ppm-

KH・・・7

カルシウム・・・450ppm

マグネシウム・・・1080ppm

***********

以上の結果です。

とりあえず、先週は生体腐敗からの発生を疑い、いくつかの調子が悪いSPS,LPSを

出してみました。

しかし、結果はX

まだ、見えないところにいるのかもしれませんが、また・・・結果が出ませんでした。

何も死んでいない。(たぶん)

餌もそれほど多くない。

底砂、LRは考えられない。

・・・・

・・・・?なんじゃろう・・・原因(^^;

Img_7247

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

|

« 新しい仲間  | トップページ | ZeoとAZ-NO3 »

記録メモ」カテゴリの記事

コメント

メディアを増やす‥に一票 ^^;

投稿: イシス | 2011年5月25日 (水) 00時03分

硝酸塩は出ているものの
色も良いみたいだし、
これはこれでいいような気がするのは気のせいですかね?
家も中々0になりませんTT
何がいけないんだろう。。。。

投稿: da-man | 2011年5月25日 (水) 00時48分

イシスさん
なるほど・・やはりちょっと足りない感じですかねsweat01
リアクターのバージョンアップも視野に入れて、とりあえずは添加量増加してみます。

投稿: フラン | 2011年5月25日 (水) 07時19分

da-manさん
色は、ちょっと濃くなってきちゃいました(汗)
これはこれで綺麗なのですが・・・本当のZeoの色ではありませんです・・・はい。
だるまスキマーでは、普通のベルリンは厳しいのかな・・?とちょっと思ってます。

投稿: フラン | 2011年5月25日 (水) 07時21分

こんにちは♪

?c(゚.゚*)エート。。。
硝酸塩値が下がりませんねぇ~(^^ゞ
以前はそれほどでもなかった値が
高めに推移するのは何か原因があるのでしょうね。
科学的に硝酸塩を減らす方向と
物理的な見地から退治していくといいのでは?
2.5~5.0ppm程度が常に検出されているので
ライブロックのどこかが硝酸塩工場となってませんか?
強く細い水流がLRに当たっている場所があるとか
淀んでいる場所があるとかも・・・。
まぁ
この辺りは難し過ぎて(^^ゞ
解決できる事を楽しみにしています♪

投稿: ヨッシー | 2011年5月25日 (水) 08時57分

新水槽切り替え時にと思ってゼオライトの交換周期をはるかに超えて使用してるせいか・・・!?硝酸塩が少し出てしまいました(汗;
ZEOは上手く機能すれば、多少の餌位では硝酸塩もリン酸も出ないはずなので・・・上手く機能させるのが難しいですね^^;

投稿: kt0525 | 2011年5月25日 (水) 12時31分

ヨッシーさん
ありがとうございます!
もう一度、よく考えてみます・・・。

投稿: フラン | 2011年5月25日 (水) 16時56分

kt0525さん
安定しているときは、無敵かと思わせるのですが
一旦調子を崩すと・・・なかなか回復しませんw
やっぱり海水は難しいなぁ~・・。

投稿: フラン | 2011年5月25日 (水) 16時57分

うーむ、強く細い水流がLRに、、
そんな場合も硝酸塩増産にはいっちゃうのか、、

うーーーーーん、、
いろいろ知らない事ってありますね。。
あ、アキオだけかもしれませんけどw

投稿: アキオ | 2011年5月29日 (日) 23時38分

アキオさん
いえいえ、みなさん同じだと思いますよw
一人が経験できる経験も、蓄積できる情報も有限ですからね・・。
いろいろな飼育方法が豊富にあるのも、原因なんでしょうかね。はじめて知ることが、いっぱい在りますね!

投稿: フラン | 2011年5月30日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/51744397

この記事へのトラックバック一覧です: 水質測定(詳細バージョン)~未だに硝酸塩が・・:

« 新しい仲間  | トップページ | ZeoとAZ-NO3 »