« 自作スキマーVer.2 ~改良~ | トップページ | 自作スキマーVer.2 ~改良その二~ »

2011年1月25日 (火)

自作インジェクター部 ピックアップ

  今回、新しくスキマーを作り直しましたが、ずっと使っていたインジェクター部の

写真をいくつか紹介。

不精なフランらしく、かなり単純な構造となっております。

まず、全体(使いまわしですw)

Img_6461_2

アクリルパイプは塩ビ40A相当の外径48mm

右の給水側は塩ビ16A部材で構成されてます。

左の排水側は、塩ビ25Aです。

Img_6462

通常は、ここに自作ベンチュリーを取り付けます。

(過去記事http://deepbluepara.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-b040.html

写真は、市販のベケヘッドです。塩ビ管16Aとベケヘッドは内径19mmホースでつながります。

 Img_6464_2

次に給気の穴。

無精者のフランは、穴を開けただけです(^^;

テープで穴の大きさを調節して、エア量の調節をします。(ついこの間までは、ちゃんとバルブつけてましたが、わけあってはずしました)

Img_6463

次にドライボール留め。

アクリルビスを使ってます。

Img_6465_2

最後は、排水側。

ここはいつも1度は失敗します、40Aキャップに25A用の穴を開けると、めいいっぱいで、

火であぶると、全体がゆがむのです(^^;・・・(ちなみにフランは、ガスレンジで塩ビ加工してますw) 

で、今回は、「塩ビ溶接機」をお借りしていたので、ちゃっかりこれも作ってみましたw

やはり、いいですね・・・塩ビ溶接・・・・

・・・・と、以上ですw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

|

« 自作スキマーVer.2 ~改良~ | トップページ | 自作スキマーVer.2 ~改良その二~ »

自作スキマー」カテゴリの記事

コメント

ガスレンジで、加工、、すごい。。
うちバーナーは持ってますけど、、、

アキオの工具はどうも、ガッツリ系がおおいみたいですね、
細かい作業だと役立たずばかりですねぇ。

投稿: アキオ | 2011年1月25日 (火) 00時23分

IHだとできませんよね塩ビ加工
うちはガスだけど・・・

投稿: kaya10 | 2011年1月25日 (火) 08時18分

私が気付いたところ・・・・

ベケまでの配管が細いように感じます
ポンプのアウト側は20Aサイズじゃなかったですか?

もし20Aサイズなら 20Aでベケまで引っ張ってこないと せっかくのポンプのパワーを殺す事になりますし ベケのベンチュリー効果が弱くなってエアの吸い込みも弱くなります(ベケの部分で一気に絞るのが良)

20Aの塩ビ管を 焙ってからベケを差し込めば丁度良いサイズになりますよ

それから 細かい事ですがベケの手前でエルボーを2つ使うと ここでも圧力損失が起きますので勿体無いです
できれば1個だけにして 塩ビ管を緩やかにまげるか、ホースで曲げる方が良いです(1個は仕方が無いのでOK)

投稿: 狩人 | 2011年1月25日 (火) 08時37分

アキオさん
がっつり系ですか(笑)
まあ、普通は塩ビ溶接しようなんて思いませんからねw。
ガスレンジは、慣れると結構いけますよ(^^v

投稿: フラン | 2011年1月25日 (火) 19時12分

kaya10さん
IHはできませんね(笑)
ガスならいけますw
塩ビ溶接は、溶接器が要りますね~♪
プラジェットの風量調節ダイヤル付きがおススメですよ。

投稿: フラン | 2011年1月25日 (火) 19時14分

狩人さん
アドバイスありがとうございます!
おっしゃる通りですね(^^;
一応、理解したうえで、我が家のはこうなっています(汗)
(スキマー本体が小さい時の仕様)
出来る限り、1本のホースで接続できるとロスなく性能を引き出せますね♪
現在は、ポンプからダイレクトにベケヘッドハウジングに、ホース接続にしています。
威力がぜんぜん違いますね♪

投稿: フラン | 2011年1月25日 (火) 19時19分

インジェクター部分は以前のブログで紹介されてましたね!忘れてた(汗)

その赤いテープはエア量の調節テープでしたか!(笑)
めっちゃ簡単でいいかも(笑)

分からないんですけど、ちょっと気になるのがボックスに入るところが、40A?から25Aに変わってるのは何か理由があるんですか?

これまた良く分からないんですが(笑)、すごく抵抗になってるような気がしましたが、どうなんでしょう???

投稿: うこん | 2011年1月25日 (火) 23時08分

うこんさん
エア調節は、初めはエアポンプ用ので調節していましたが、ここまでのポンプになるとそれでは足りませんでした。なので調節ツマミをはずしてみたら、いい感じでしたので、テープで(^^;
40A→25Aへは、ここで流速をあげないと泡をスキマー本体へ効率よく送れない・・・と思っていましたが・・・40Aで試してないので、定かではありません(笑)
うこんさんのスキマー、ちょい古い記事でしたがみました~♪。うこんさんは器用で丁寧ですね(^^v

投稿: フラン | 2011年1月25日 (火) 23時36分

良くクリアーのアクリルで自作してる方を見ますが、なぜなんでしょうか?
バレットではカラム中心あたりで垂直に仕切りが立っていたのは、効率よく泡を上方向にむけるためだと思っています(笑)
実際、狩人式スキマーも配管を上に向けていますし。
25Aにしたのはハウジングと合体できるためですね!(笑)
ちょっとたのしみですね!!

またまた動画よろしくですよっ!!!

私も工作が好きでいろいろやってるのですが、真似ばっかりです(笑)
スキマーはかなりのめり込んでやりましたので、今はすごくいい状態で回ってますよ!!

自信作!!(爆)


投稿: うこん | 2011年1月26日 (水) 00時11分

うこんさん
今回は、BOX内の泡の状態を確認できたので、クリアーで作ってよかったです(^^
仕切りの位置も、いろいろな考え方があるようで、今回は様々な位置を試してみました。
なので、仕切り板は軽い固定でw

仕切りは
効率よくカラムへ泡を送るためか?
排水の泡を切るためか?
泡はBOX内で、少しでも長く遊ばせたほうが良いのか?
泡をすべて効率よくカラムへ送るならBOXにすることはないし、泡を遊ばせる割合を多くすると泡が荒くなるし・・・
仕切りひとつでも、奥が深いなぁ・・・と思っています。
しばらくは、いろいろと試してみるしかないですねw
最終的にはBOXの作り直しかなぁ(^^;

投稿: フラン | 2011年1月26日 (水) 10時44分

そっか~
仕切りひとつとっても奥が深いですね(笑)
クリアーアクリルボックスは本当に泡の状態が見れて良さそう!

ベストマッチをまた教えて下さい!

投稿: うこん | 2011年1月26日 (水) 19時40分

うこんさん
間違いなく作れる人は、クリアーにする必要ないですよねw
まだまだ、かかりそうです(^^;
がんばって、良いスキマーにしたい♪

投稿: フラン | 2011年1月27日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/50670671

この記事へのトラックバック一覧です: 自作インジェクター部 ピックアップ:

« 自作スキマーVer.2 ~改良~ | トップページ | 自作スキマーVer.2 ~改良その二~ »