« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

独り言

水質検査。

しようと思ったら、試薬が切れた。

リン酸だけ計ったが、下がったっているような気がする。

硝酸塩検査薬・・・買いに行こうか、通販にするか・・・・うーん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

ベローズポンプ 動作確認

先日、フランが「ドージングポンプみたいなもの」を作製した記事を見たイシスさんとkt0525さんから、「ベローズポンプ」というものを譲っていただきました。(/ ^^)/アリガト~
このベローズポンプというもの、私も初めてなのですが、どうやら医療や科学分野などで使うものらしい。
イワサキ製で100Vで稼動します。
どういうものかわからないと、使いよう、工夫のしようもわからないのでとりあえず動作実験をしてみました。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まずは、何秒周期で排出されるか。ストップウォッチで計測
おおよそ3秒周期で排出されるようだ。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
次に、排出量

かなり正確に3秒に11ccが排出されます。撮影時の私の計り方が悪いのでおかしな数値がありますが、かなり正確な量が排出されます。

ポンプを止めても逆流せずにサイフォン効果も起きません。

・・・これは使えそうshine

とりあえず、このまま使ってタイマー制御するか?

それとも、排出量を絞って使うか・・・これから考えます(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

底砂 抜き出し作業 

BP(BB)をはじめてずっと思っていたこと。

なぜ濾過材がないのに大量の硝酸塩が発生するのか?

明らかに10cm以上ある底砂なのではないか?

この疑問がずっと頭にありましたが、大変な作業のうえ底砂を弄るのはリスクがある。

ずっとてをこまねいていました。

ここ最近は、Zeoに手を出し、上手く回らない。

Zeoのガイドラインに「底砂は1cm」とあり、とうとう底砂を取り出す決意をしました。

抜く前がこれ。

Img_6116

Img_6117

これだけの砂を抜くには、きちんと段取りと準備が必要です。

まず、大量の海水を用意しました。今回は170Lです。

あと、魚やサンゴを退避させておく容器。50Lの収納容器を今回は使用。

あと、抜いた砂を入れておく容器。あとはヒーターやらエアポンプやら。

朝8時。ここから作業開始。

まず、魚とサンゴの退避

Img_6122

ライブロックでいっぱいですsweat01

この中にサンゴも魚も入っていますhappy01

ここでクマノミがすごくふといことに気がつく・・・・

Img_6123

上から見ることが、ほとんどなかったので改めてみると、かなりのマッチョです(笑)

そしてどんどん底砂を出していきます~!

抜き終わった水槽がこれ

Img_6125

このあと、海水を抜きさらにRO水で残った砂を洗浄。

あとは、ライブロックとサンゴを戻して・・・

Img_6129

うーん・・・砂を抜いたおかげで、水面までの高さが増しましたshine

しかし、何度やってもへたくそな組み方・・・なかなか上達しませんcoldsweats01

これで90cmはおしまい。

同じ作業を60cmにもします。

Img_6130

そして完成がこれ。

この時点で17時。あらまし9時間・・・・happy02

抜いた砂は、一人で持てずに家内に手伝ってもらいました。(ありがとー!wink

やっと終わった・・・・

このあと、車のリアカメラ取り付け・・・・sweat01

がんばって、終わりましたがクタクタです~オワタ┗(^o^ )┓三

ここで、水質検査

硝酸塩2.5ppm

リン酸塩0.5ppm-

結構な量の海水を換えたのだが・・・・(爆)

まあ、ここの値がスタートです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

「ドージングポンプ?のようなもの」作製

まず、用意するのも。

Img_6110

ペットボトル、エアチューブ類、チューブつなぎと調節つまみつき、エアポンプ、タイマー。

道具は、ニッパーとドリルと、今回はグルーガンで。

接着剤でも平気と思います。

作製開始。

Img_6112

ますは、キャップに穴を開けます。

Img_6113

次に、写真のようにエアチュブ用のつなぎを差し込みます。

黒いほうは、ボトル内側にもチューブを取り付けます。白いほうは、ボトル内は何もつけません。

Img_6114

そして、組み合わせると、このように・・・(ちょっと端折りすぎかな(汗)

・・・まあ、簡単な構造なので・・・sweat01

機能としては、まずボトルに添加したい液体を入れて

ポンプが作動。ポンプからのエアがボトルに送られ、ボトル内のエア圧が上昇。

その圧力で中の液体が押上げられて、それを黒いツマミで調節。

・・・と、これだけ。coldsweats01

チューブは、固めのものがよし。ゆるいとエアが混入します。

また、エアポンプはちょい強めが、安定性が増します。

ポンプをタイマー駆動して、ポンプが停止しても、ボトル内の内圧が戻るまで

中の溶液が排出され続けます。

ポンプが止まっても排出される分を計算に入れて排出量を決定します。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

水質検査とスペシャルデー

まずは、今日の水質

硝酸塩・・・2.5ppm+

リン酸塩・・・0.5ppm

よくも悪くもリン酸塩はずっと同じ値(笑)

硝酸塩も、取り合えず上がらず下がらず。

大喰いのナンヨウハギがいなくなり、餌は、今までの半分にしました。

(メガバイトG スプーン1.5杯を一日一回)

とりあえず、硝酸塩向上が厚い底砂ではないか?

また、Zeoが軌道に乗らない原因の一つが厚い底砂では?とkt0525さんにアドバイスを頂いたので、底砂を今後どうするか考え中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、話題を替えまして本日の出来事。

kt0525さんにお誘い頂き、いつものB箱へ!

Dvc00008 (今日は大雨だったので昔の写真(笑)

ここでkt0525さんと開店時間に待ち合わせ。

しばらく楽しくお話をしていると・・・・

どーーん!!

おお~!!

あなごんべさん親方~さん、それにYAMAさん・・・すごい方々がいらっしゃいましたcoldsweats01

皆さんにお会いするのは今日がはじめて。

内気なフランは、ちょっと緊張happy02

その後は、皆さん店内の物色!

その物色の仕方を見て、サンゴの選び方などフランにはとても勉強になりました!!

そのあとは、kt0525さん宅へスイハイにheart02

わが子ともどもお邪魔して、皆さんといろいろお話させていただきました。

わずかな時間でしたが、良い時間をすごさせていただきました。

いつも、声を掛けていただいてkt0525さんには、ほんと感謝!!です~happy01

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

暴れん坊 ついに永久追放・・・

我が家の最大の暴君、「ナンヨウハギ」

先日ついに、90cmメインから60cmサブへ移動して

様子を見ていましたが・・・

Img_4940 (昔の写真)

60cmサブ水槽のボス「スパインチーク」と1週間ほどのにらみ合いの末に

またまた暴君に・・・sweat01

スパインチークはボロボロにされて、スミに追いやられて・・・

で、

とうとう限界が来ました。

永久追放~!!coldsweats01

本日、ショップさんに引き取っていただきました。

もう、ナンヨウハギは飼うまい・・・・。sweat01

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

平和な90cm

先日,

とうとう「我が家の暴れん坊将軍ナンヨウハギ」を90cm水槽から追放しました。

その結果、90cm水槽には平和が訪れました。happy01

Img_5928

Img_5929

・・・あぁぁぁ~・・・なんて平和な光景。

魚は、入れる種類や相性のバランスが大切なんだぁ・・・と改めて実感。

・・・・お!

今度のボスは、インドキンギョにきまりそう?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

自作「ドージングポンプのようなもの?」 実験

Zeoを何とかして、軌道に乗せたい。

Zeoガイドラインには、Zeostart2について「2~4回/日」と、分散添加が推奨されている。

分散添加するには、手動か、ドージングポンプが必要・・・・・。

・・・・でも、高くて手が出ないsweat01

・・・というわけで、早速作ってみた。

Img_6115

ジャーーン!!!!・・・・

作り方は、実験がうまく行ったらアップします。

まあ、見れば大体わかると思いますが、エアーポンプの力で水を押し出し、そのポンプは

タイマーで制御しようというものです。

市販の安物タイマーは15分刻みなので、15分でどれだけ安定した量を排出できるか?

が要求されます。

まず、15分で4cc。

1回目・・・4cc

2回目・・・2cc

3回目・・・2cc

4回目・・・1.5cc

5回目・・・1.5cc

6回目・・・1cc

・・・おや?

だんだんと落ちていく。

・・・まあ、ボトルの中の水位が落ちれば落ちますな。そりゃ(笑)

では、量を上げて。

1回目・・・50cc

2回目・・・50cc

3回目・・・50cc

4回目・・・50cc

5回目・・・おや?

ほとんどでない。

どうやら、水位がだいぶ下がっているのと、エアが変なところにあるせいで、邪魔なようだ。

あと、もう一つの欠陥が。

ポンプが止まっても、ボトル内のエア圧が高いため、しばらく水が排出され続ける。

これは、まだ改良の余地がありようだ。

・・と今日はここまで。

後日、改良にチャレンジ~!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

ミニレフジューム?

あまった、30cmOF水槽。

どうするか?と考えていましたが、かねてより興味があったレフジュームでの

テスト使用はじめました。

Img_5935

これは夜の状態。

設置場所が60cm水槽の上部なので、光が漏れないように四方にふたをしました。

それでも、隙間から光が漏れますね・・・sweat01

まあ、ちょうど常夜灯と思えばちょうど良いくらいの光かな?

・・・

そして、気になる中身は・・・海ぶどうだけ~happy02

せめて、ホソジュズもとマッドくらいは入れたいなと思うこの頃(笑)

こんなんでも、効果は出るかしらhappy01

・・・

・・・あ!・・・Zeoとの相性は大丈夫??sweat01

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

うまく行かないものだ・・・。

3日前に硝酸塩が0ppmになったZeovit。

Zeo以外にも炭素元を添加していたので、それを中止してみた。

そして本日、硝酸塩を検査してみた。

硝酸塩・・・2.5ppm-

リン酸塩・・・0.5ppm-

・・・

・・・

うーん・・・・

なかなか、うまくは行かないものだなぁ。

とりあえず、リン酸塩のことでイシスさんにアドバイスを頂き、活性炭を抜いてみた。

Img_5944

10Lバケツにいっぱい。

ちょうど、投入して2週間ほど経つので、抜いてよかったかも。

ここからは、活性炭を抜いて再度挑戦。

とりあえず、炭素元を添加せずにまた様子を見ることに・・・。

とりあえず、いろいろ試してみるしかないなぁぁ(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ゼオライトリアクターを小型化してみて

先日、本物のリアクターを見て、その状態に近づけるため

リアクターにつかっていたエーハイム2217サブを2211サブへ変更しました。

容量では7Lから1Lへの大幅ダウンになりますが、今回の変更は同じ流量での

流速を稼ごうというものです。

同じ流量なら、狭い空間を通っていくほうが、より速度が増します。

増した速度で、バクテリアをリアクターから効率よく出そうというものです。

そして、変更して数日が経ち、今までよりバクテリアフィルムなどの固形物の流出は多くなっています。

これで効果が上がっているのか?

その後、硝酸塩が0になりましたが、その少し前から大きなカスがあまり見られなくなりました。

Zeoが機能し始めると、余分なカスは出ないのかな??

そして、本題の変更したリアクター。

残念なのはその容量。

Img_5931

写真でもわかるように、400ccのゼオライトでも半分くらいまで来てしまいます。

1.5L~2L位があるとちょうどよいのですが・・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

みどりちゃんの色下がり

我が家に来て55日ほどになる浅場ミドリイシ。

最近、なんか色が濃いなぁ・・・・?

と思っていましたが・・・・前の写真と比べてみると・・

これが購入直後

Img_3637

これが現在。

Img_5919

・・・・・sweat01

あの綺麗な緑色が・・・茶色に~

きっと、栄養塩が多いせい。

先輩方々の綺麗なミドリイシ水槽の維持が、どれほどすごいことか身にしみます。

ああ~!

フランの水槽であの綺麗な水景を実現できるのはいつこのことか・・(汗)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

ゼオライト投入後水質検査(27日目)

Zeovitのゼオライトを外部濾過で回してて27日が経ちました。(Zeobak,zeostaert2使用)

スタート値

硝酸塩・・・0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm

2日目

硝酸塩・・・0~2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm+

6日目

硝酸塩・・・2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm

10日目

硝酸塩・・・5.0ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm 、 カルシウム・・・500ppm 、 KH・・・9

マグネシウム・・・1600ppm

17日目

硝酸塩・・・5.0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm

20日目

硝酸塩・・・5.0~10.0ppm、リン酸塩・・・0.5ppm、KH・・・10、マグネシウム・・・1600ppm

22日目

硝酸塩・・・2.5~5.0ppm

26日目

硝酸塩・・・0~2.5ppm、リン酸塩・・・0.5ppm

27日目

硝酸塩・・・0ppm(完全)、リン酸塩・・・0.5ppm-

KH・・・10、Ca・・・500ppm、Mg・・・1400ppm 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ここにきて、突然硝酸塩が下がりました。27日目の本日は完全0ppmです。

リン酸塩も多少下がっているような気配もします。

ここに来て、スイッチが入ったと考えるのが妥当ですが、この27日間で変更した点もあります。

1、外部濾過を小型化し、ゼオライトを通過する海水の流速を早めた。

2、鉄釘タンクを止めた。

3、炭素元培養添加(毎日ミリン5cc、黒酢5cc)

一説では、鉄イオンがゼオライトと合わないという話がありますので、これも効果があったカも知れません。現に、鉄釘タンクを止めてから急に動き始めた感じはあります。

まだまだリン酸塩は駄目ですが、とりあえずここからはミリン添加量を少なくして

硝酸塩の動向を見たいと思います。

Img_5696 (ちょっと気弱なハナダイペア

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

見間違い?

一時は10ppm近くまで上がった硝酸塩。

昨日、計ってみたら0に近かった??

・・・

見間違い?かと思い、本日再計測。

・・・

・・・

ちょっとだけ、見間違いだったらしい(笑)

0ではなく、0~2.5ppmの間くらいだなsweat01

しかし、たった5日間でここまで下がれば大したものだ。

・・・・

というか、いきなり下がりすぎ(汗)

とりあえず、またしばらく様子を見る。

ちなみにリン酸塩は0.5ppmでかわらず。

しかし、鉄釘タンクを止めているので、数値が上がらない時点で

ちゃんと機能しているともいえます。

さぁ、これからどうなるか・・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

偶然偶然

今日は、ちょっと早めに仕事を切り上げて、B-BOX松戸店rvcar

Zeovit用の添加剤「Zeobak」を買いに行きました。

店内を物色~happy01

更に立ち上げ中のZeovit水槽を観察~!!

Dvc00037 (携帯での撮影で画像悪いのゴメンナサイ)

現在、LR取り寄せ中途のこと。

楽しみだなぁ~shine

そのあと、沓澤さんにいろいろとお話を伺っていると・・・・・・・

見慣れたクルマが・・・・・

おお!~

先々週の日曜日にお世話になった mituさんではありませんか!

たまたま立ち寄った、更に平日にお会いできるとは~shine

偶然って面白いですねhappy02

こりゃシメタ!・・と思いまして、沢山お話を伺っちゃいました~(笑)

思わぬ出会いでテンションupですね!

結局、お店に3時間近く?居座っちゃいました(汗)

フランの長話に付き合っていただいて、mituさん

B-BOXの沓澤さん、ありがとうございました~sweat01

Dvc00036 (撮影許可いただきました)

B-BOXは始めて紹介かな?

・・・・えーっと

淡水魚、海水魚どちらも種類が多く、機材や用品も種類が豊富です!

どの水槽もピカピカで、見ているだけでも楽しいですよheart02

私の知る中で、一番綺麗だし、店員さんも感じ良いし、

お近くの方は一見オススメ~!

・・・

最後に、本日のフラン水槽

硝酸塩チェックしてみました。

結果は・・・0ppm+

リン酸塩はかわらず0.5ppm

おや??ずいぶんと下がっている・??

・・・・

目の錯覚かもしれないので、明日もう一度測定しよう・・・・。

このまま、良い方向に好転してくれたらいいなぁぁ・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

暴れん坊を追い出す。

他の魚への横暴の数々。

散々悩んだ末の90cmからの除名処分。

Img_5922 いじめ王 ナンヨウハギ!

とうとう、決意してLRを崩して捕獲、60cmへ移動。

60cmにはボスのスパインチーク。

どうなるか?と心配したが初めから「にらみ合い?」が・・・

しかし、それ以上は発展せずにずっと小康状態happy02

この二人に対しては、理想的な状態でありますflair

気になるほかの住人たちも今のところは大丈夫そう・・・。

フレームもひらりとかわし、余裕の様だ。

これで、フラン水槽すべてに平和がおとづれるのだろうかcoldsweats01

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

硝酸塩臨時検査

さすがに、これだけ上昇傾向にあると心配なので

臨時で硝酸塩だけ検査しました。

結果は・・・2.5~5.0ppm

・・・おお!・・・

ちょっと下がっている!

炭素元を以前回していた「BBシステム」と同じにした効果が出てきたのか?

実は、Zeobakを切らしてしまった。最後の2滴を培養して増やして?使用中。

買いに行かないと・・・。在庫あるかな???・・・明日問い合わせしよう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ダブルスキマー!?

スキマーは2台付けると、性能は2倍になるのかな??

Img_5852

と、言うわけで2台設置~!!

・・・と、言うのはウソです。ゴメンナサイ。

実は、右が自作したスキマーで、左がニードルインペラー式の中国製スキマーです。

これは、自作スキマーの性能に疑問を持ったための実験。

左の中国スキマーも、200L水槽にて十分にBPシステムを廻す性能がありました。

とりあえず、これに勝つことが出来なくては自作の意味がありません。

早速、1週間の稼動テスト開始。

・・・・・

・・・・・

なんか、性能がかわりません・・・・っということで・・・・

水位調節したり、エアー調節したり、エアーを含ませるバルブを作り直したり・・・

・・・・

何とか、中国製スキマーを上回ることが出来ました!

比較する対象があると調節もわかりやすいですね!

結果、比べてみてよかったです!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

ゼオライト投入後水質検査(20日目)

ZeobakとZeostart2を使用し、効果が上がらず、

Zeovitのゼオライトを入れて17日が経ちました。

スタート値

硝酸塩・・・0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm

2日目

硝酸塩・・・0~2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm+

6日目

硝酸塩・・・2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm

10日目

硝酸塩・・・5.0ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm 、 カルシウム・・・500ppm 、 KH・・・9

マグネシウム・・・1600ppm

17日目

硝酸塩・・・5.0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm

20日目

硝酸塩・・・5.0~10.0ppm、リン酸塩・・・0.5ppm、KH・・・10、マグネシウム・・・1600ppm 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

市販の活性炭を10袋ほど投入。

しかし、確実に硝酸塩は上昇中。

こりゃまずいぞ・・。

これ以上はまずい・・。

とりあえず、炭素元の添加量を以前の水準まで引き上げようかと思います。

・・・Zeoはすでに機能しているのでは・・・?

単純に、スペックが足りないのでは・・?

そんな気がしてならない。

魚減らす・・・・??

辛抱・・・・・??、辛抱・・・・・??sweat01sweat01

ひと月までをリミットとして、活性炭で凌ぐ方向でいますが、その活性炭でも・・・・?

珊瑚がもつのか・・・・・・

サンゴは大丈夫なのか~!!!・・・・wobbly

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

Zeoリアクター変更~(小型化)

現在、Zeoのゼオライトをエーハイムの2217サブフィルタに入れて使用しています。

(作製、設置過去記事  http://deepbluepara.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/bp-def5.html

実際に使用してみると、なんかでかすぎる・・・?

2217は容量7リッター。

入れるゼオライトは400ccで、通水量は2.6L/hなので

せっかくゼオライトで培養されたバクテリアが持ち上がらず水槽へ行っていない?。たぶん(笑)

・・・

じつは、先週に実際にZeovit用のリアクターを見せてもらう機会がありまして。

kt0525さんちのリアクターとB箱さんのリアクター。

両方とも、そんな大きくなかった・・・・・。

というわけで早速変更!

Img_5916

買ってきたのはエーハイムの2211。

容量は1Lです。(本当は2Lくらいのがあればよかったのですが・・・・この上は3L)

写真で2211と2217を比べると一目瞭然!

これで、シェイクするのも楽になります~happy01

また、今回は、エアーを混入させてシェイクできるように排水側にダブルタップを

付けました。

さあ~!これでどうかな!?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ゼオライト投入後水質検査(17日目)

ZeobakとZeostart2を使用し、効果が上がらず、

Zeovitのゼオライトを入れて17日が経ちました。

スタート値

硝酸塩・・・0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm

2日目

硝酸塩・・・0~2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm+

6日目

硝酸塩・・・2.5ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm

10日目

硝酸塩・・・5.0ppm 、 リン酸塩・・・0.5ppm 、 カルシウム・・・500ppm 、 KH・・・9

マグネシウム・・・1600ppm

17日目

硝酸塩・・・5.0ppm+ 、 リン酸塩・・・0.5ppm 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

10日目の検査以降、炭素元の培養添加をスタート。以前のBPのときの半分の量ですが

しっかり培養して添加しています。(ただし、EMも添加なし。)

ZeoStart2添加は規定どおり、Zeobakも然り。

市販の活性炭を6袋ほど投入。

この17日で20袋ほど使用・・・。

やっぱり、魚が水量に対して多いのだろうな・・・。

BBやBP,このZeoVitにしても、バクテリアの働きによる一連の効果は、飼育水の絶対量に比例しているのではないだろうか?

そんな気がしてならない。

魚減らす・・・・?

辛抱・・・・・?、辛抱・・・・・?sweat01

ひと月までをリミットとして、活性炭で凌ぐ方向でいますが、珊瑚がもつのか・・・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »