« スズメダラケ | トップページ | マメフローもどき?製作後テスト(動画) »

2010年5月15日 (土)

マメフローもどき?作製

今回は、市販の塩ビ管で作製してみます。

まず、用意するもの。

エルボ管(L字)7個

分岐管 1個

エンドキャップ 1個

塩ビ管 1m(とりあえず)

Img_5410 こんな感じ。

今回は、20Aという太さのものを使用しました。

それを、こんな風↓に組み立てます。(わかりやすいように展開図)

Img_5409

これを、塩ビパイプでつなぎます。

注意点としては、真ん中の離れているところは、長めにパイプを取り付けてください。

この長さ(落差)で水の落ちる力ができます。

(ちょうど良い長さになるには、何度か作り直すことになるかもしれません)

★組み立てた! の図★

Img_5411

上から見た図

Img_5412

これで、あとは・・・

① エンドキャップに、空気穴を開けておく。

② 「パイプ内の空気抜き」のため、パイプの一番高いところに穴を開けて、シリコンエアチューブを取り付ける。

  (エア抜きが、自動でできるようにデュフーザーなどと接続する)

③ 水槽内の排水入り口にアミとりつけ(生体、ゴミつまり防止)・・・園芸用の、土の下に引くアミが良い。筒状にして水面の上に出るように取り付け。 

これで、フロー部は完成です。

制作費は1000円未満。

作業時間は20分。

ただ、このままでは安定しないので、水槽に取り付けるフックの作製が必要です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
↑よろしければポチっと。ランキングにご協力くださいm(_ _)m。

|

« スズメダラケ | トップページ | マメフローもどき?製作後テスト(動画) »

自作 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/48366941

この記事へのトラックバック一覧です: マメフローもどき?作製:

« スズメダラケ | トップページ | マメフローもどき?製作後テスト(動画) »