« ペットボトルスキマー 作製 | トップページ | なんか生えてる?! »

2009年11月 6日 (金)

BBシステムの弊害?

BB(バクテリアベッド)システムをはじめて3ヶ月。

何とか回るようになってきた。

ちょうど一ヶ月前くらいから、「なんかOFの水揚げポンプの水量が減ったような・・・」

と感じるようになり、最近では「明らかに水量が少ない!」と感じるようになってきました。

半年しか経ってないのにもう寿命か?!と思いましたが、掃除してみようと思い分解。

「おおぉぉぉぉ・・・すごいバイオフィルム・・・」

ポンプ内はびっしりとバクテリアのかたまりみたいなものがついていました。

コレは、炭素元の過剰添加によるもの。やっぱり入れすぎは良くありませんね(汗)

BBシステムの立上げ当初に、せっかちな私はどんどん炭素元を入れてました。

水槽内や配水管のいたるところが「ぬるぬる」で、がんばって掃除しましたが、まさかポンプ内まで・・・

掃除したポンプは、3倍くらいの水流に戻りました。

あと心配なのが、クーラー・・・。ちょうど良い時期なので掃除して見るか・・・・ってクーラー内部はブラシなんて届かないよな・・・・。

|

« ペットボトルスキマー 作製 | トップページ | なんか生えてる?! »

バクテリア」カテゴリの記事

コメント

クーラーの掃除は クーラーを外してしまってから水道から水道ホースを繋いで水道の勢いで内部の汚れを吹き飛ばします

もっと綺麗にしたい時は

一度、それをやって大まかに汚れを吹き出したあと 今度はまたホースを使ってクエン酸の水溶液を内部に充填して1日放置

それから中のクエン酸と汚れを またホースを繋いで吹き飛ばします

できれば その後内部の水を抜いて 来年の夏まで保管しておくといいですよ

投稿: 狩人 | 2009年11月 6日 (金) 11時12分

狩人さん
なるほど!クエン酸を使うのですね!
ちょうど家にありますのでさっそく掃除してみます!

投稿: フラン | 2009年11月 6日 (金) 11時45分

フランさんのブログは興味深いのですが、正直ついていけてないです。(私が理解していないだけなんですけどね・・・。^^;;)
BBシステムってどんなシステムなんですか?
あと、よくミリンや黒酢、EM(?)など添加されているようですが、どういった効果があるのですか?
あと、スキーマの自作はフランさんのブログもみましたが不器用な私にはハードルが高いなあって感じました。たとえできたとしても、失敗してかえって費用と時間を費やしてしまいそうな気がしました。
ここは、必要であれば潔く市販で購入しま~す。(フランさんの記事が生かせなくてすみません。^^;;)
まあ、ペットボトルのぐらいならできそうには思いましたが・・・。

投稿: popo | 2009年11月 6日 (金) 22時31分

popoさんいらっしゃいませ!

そうですね。確かにBBやらEMやら普通でしたらわかりませんよね(汗)
私も、真似させていただいたクチなのでえらそうに書くことは出来ませんが、BBシステムとは、濾過の仕組み、水質を安定させる仕組みの一つです。

世の中の海水魚飼育大先輩方の中に、特別な飼育法でもないのに、非常に水質が安定してさらに、水替えも半年に一度で多くの魚を買っている方々がいます。

それは特別なバクテリアの力によるものでは無いか?と考えて人工的にその環境を作り出そうというものです。

BBシステム(バクテリアベットシステム)は、師匠の狩人さんが命名した独自の方法ですが、おおもとの考え方は
BPシステム(バクテリアプランクトンシステム)や、ゼオライトを使用したゼオビットシステム(←スペルわかりません(汗)から来たと思います。こちらは専門誌にも載っているようです。

popoさんの水槽でも、バクテリアが大活躍してますよね?
餌、糞 → 亜硝酸塩 → 硝酸塩 などの分解もご存知の通りです。
このバクテリア。実は硝酸塩とリン酸塩を一定の割合で食べる。・・・性格には一時的に飲み込むのです。
そして、お腹いっぱいのバクテリアさんをスキマーでこし取る。
水槽から硝酸塩とリン酸塩が排除されるわけです。

とりあえず、ざっとですが・・・

よくわからないところがあったら、いってください。

わかることは、説明します。

メールでもOKですよ!

投稿: フラン | 2009年11月 6日 (金) 23時03分

popoさん
スキマーの自作は、のこぎりでパイプを切れるか?くらいのことです。そんなにむずかしくは無いです。
失敗はしますが(汗)
加工に使用する塩ビ管は、結構お安いですからね。失敗してもそれほどはかかりません。
高いのは、ほとんど加工しない「アクリルパイプ」と「ポンプ」ですね。
ですが、何度も失敗したら時間は費やしますね(汗)
その分、そのスキマーに愛着が湧くかも(笑)

スキマーが必要かどうか?は、意見が分かれますね!事実、私も最近まで使ってなかったし・・・。
いまのシステムは、ベルリン式なので必需品ですが・・・

まあ、へんてこな記事もありますが、必要なところだけ読んでください(笑)

あと、EMとは農業用のバクテリアです。土壌改良や河川の水質改善に使われているようです。
ミリンや黒酢を入れるのは、バクテリアを増殖させるためです。

投稿: フラン | 2009年11月 6日 (金) 23時16分

なるほど、BBシステムのこと大まかには分かりました。勉強になりました。有難う御座います。
バクテリアをスキマーでこし取るから、ミリンや黒酢などを入れてバクテリアを増殖させる必要があるという認識でいいんですよね?
スキマーを使用した場合、バクテリアもこし取るられるということは、必然的に何らかの方法でバクテリアを増殖させるよう必要性がある又は増殖させた方がいいということになるんですかね?
何度も質問してすみません。^^;;)

投稿: popo | 2009年11月 7日 (土) 00時02分

popoさん
そうなんです。本来ならば糞や食べ残しなどがありますからバクテリアの栄養としては十分なのですが、ここで重要なのが、浮遊しているバクテリアでなくてはスキマーで濾し採れません。だから、濾過材を使用しないんです。

理論的には、ミリンなどを入れなくてもいいはずなのですが、糞などの有機物ではバクテリアが使いにくいのかもしれません。
効率よくバクテリアを増やすために、使いやすい形の炭素元、つまりミリンや黒酢、アルコールなどを使うという考えです。
添加しなくてもその効果はあると思いますが、添加することによって、実際に栄養塩が下がっていますのでその解釈で正しいと私も思います。
このBBシステムの場合、本来のスキマーの使い方と違う。つまり本来のスキマーは分解される前に糞などを除去しようとする装置ですが、BBはバクテリアを回収するので比較的に性能が低いスキマーでも回せるようです。
私の場合、硝酸塩はすぐに落ち始めましたが、リン酸塩がなかなか落ちなかったです。
その辺はバクテリアの種類などのバランスが大切ということになっていて、バクテリアのバランスや種類を増やしたいので、買ったきたバクテリアを入れたり、みりんや酢も数種類入れたりと工夫しているようです。

質問はぜんぜんOKですよ!
私もpopoさんのところで勉強させていただいてますし。
一人で試行錯誤するのも限界がありますからね。人様の経験で勉強させていただいてます(笑)

投稿: フラン | 2009年11月 7日 (土) 01時31分

よくわかりました。
有難う御座いました。今後、スキマーを使用する時がきたら活用させてもらいます。

投稿: popo | 2009年11月 7日 (土) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/46679648

この記事へのトラックバック一覧です: BBシステムの弊害?:

« ペットボトルスキマー 作製 | トップページ | なんか生えてる?! »