« きらきら ウ○コ~!?(自作スキマー1号 24時間後) | トップページ | 自作スキマー 作製 その二 »

2009年10月29日 (木)

自作スキマー 作製その一

先日に完成したスキマー1号が、期待通りの働きをしているので、作製の様子をまとめたいと思います。

まずは、このスキマーの肝。

Img_3897_2 ベンチュリーの作製

今回は、13Aの塩ビ管を使いました。(←訂正しました。

まず、塩ビ管を作業しやすい長さにカットします。

次にガスコンロ。端から5cmほどの部分を火であぶります。火からは10~15cmほど離して、同じ面が火に当たり続けないようにクルクル回します。(そう!ブタの丸焼き作るみたいに!・・・って普通は作ったこと無いか(汗)

やけどに注意しながら、手でつまんで柔らかくなったら火を止めて、ビニール紐でギュ、ギュっと何度もまいて、管を細くしていきます。

冷めたら紐をはずして出来上がり!

コツがいるので、何度も練習しました。

絞り具合は使用する予定のポンプの性能によって違うので、いろいろ作って試してみます。

最後に、空気を取り入れる穴を開けます。3mmのドリルが良いようです。穴は1個でOK

上の写真、真ん中の管だと、一番くびれたところから下に2mmくらいのところに穴を開けました。これも、いろいろ試してみてください。

13Aの塩ビ管自体は、お安いので、長めに買って納得するまでチャレンジします。

実験は、ポンプとホースでつないで行ないます。13Aだとちょうど家庭用ホースか内径19mmのホースがちょうど良いと思います。

サンプか、海水を別に用意して実験してみてください。

(注意)火の取り扱いは十分に注意する。燃えやすいものは着ない。近くに置かない。軍手着用をお勧め。あとは、自己責任で。

参考ブログはOceanBlue(狩人さん)です。もう少し詳しく書かれていますので、ぜひどうぞ。

次は、本体の作製です。・・・続く

|

« きらきら ウ○コ~!?(自作スキマー1号 24時間後) | トップページ | 自作スキマー 作製 その二 »

自作スキマー」カテゴリの記事

コメント

おっ、16Aでしたか?

もしもだったら13Aでも試してみてください
ひょっとすると もっと良くなるかも知れません

投稿: 狩人 | 2009年10月30日 (金) 13時45分

かっ狩人さん!
ぎゃ~!!間違えましたぁ~
16AX→13A
でしたぁ~!
ブログを観てくださった皆様、すみませんでした。
紛らわしいので本文も訂正してあります。
以後気をつけますね。(^-^;
狩人さんありがとうございます。

投稿: フラン | 2009年10月30日 (金) 22時09分

いえいえ
そうでしたか?

投稿: 狩人 | 2009年10月30日 (金) 23時29分

狩人さん
はいー!確かに13塩ビ管でした。
お恥ずかしい。(*´v゚*)ゞ

投稿: フラン | 2009年10月31日 (土) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/46617075

この記事へのトラックバック一覧です: 自作スキマー 作製その一:

« きらきら ウ○コ~!?(自作スキマー1号 24時間後) | トップページ | 自作スキマー 作製 その二 »