« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

自作スキマー 作製 その二

良い泡が立つベンチュリーが出来たら、次はさらに泡を砕くためのバレルを作製します。

材料は

13Aエルボ.・・・2個

13A塩ビ管・・・適量

25Aエルボ・・・1個

40Aキャップ・・・2個

外形48mmのアクリル管(今回は45cm)または40A塩ビ管・・・1本

エア調節できるバルブ・・・1個(今回はプラスチック製3又タイプ)

以上です。初めての場合、失敗も十分に考えられるので余分に用意したほうが無難。特に40Aキャップは失敗しやすかった。

Img_3912_2 では、まず上の部品から。

40Aキャップに13Aエルボを写真のように取り付けます。予め40Aキャップに13Aより、2mm~4mmほど小さめに穴を開けます。(今回は火で柔らかくしてから、ハサミで開けました。が、ホールソーが簡単で良いです。)

小さめの穴を開けたら、出来るだけ穴の周辺だけ温めて柔らかくなったら、エルボを突っ込む!

冷めるまで固定して、塩ビ用接着剤で固定。

(コンロでの温め方は、その一を参照)

出来たら、下部も同様に作ります。部材は、40Aキャップ、25Aエルボ。

Img_4024 こんな感じ。

25Aエルボの本体側は、1cmほどカットしてあります。(泡立てから本体までを出来るだけ短くしたかったので)

次にアクリル管。アクリル管の上部(キャップを被せて、すぐ下辺り)にエアー調節用のバルブを取り付けたいので、穴を開けます。

取り付けたいバルブに合わせて開けてください。

あとは、作製した部品と前回に作製したベンチュリーを取り付けたら完成です。

早速、ポンプをつなげて実験してみてください。中にドライボールなどを入れても良いですが、今回は入れないほうが良かったので、入れていません。

次回は、本体作製編です。・・・続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

自作スキマー 作製その一

先日に完成したスキマー1号が、期待通りの働きをしているので、作製の様子をまとめたいと思います。

まずは、このスキマーの肝。

Img_3897_2 ベンチュリーの作製

今回は、13Aの塩ビ管を使いました。(←訂正しました。

まず、塩ビ管を作業しやすい長さにカットします。

次にガスコンロ。端から5cmほどの部分を火であぶります。火からは10~15cmほど離して、同じ面が火に当たり続けないようにクルクル回します。(そう!ブタの丸焼き作るみたいに!・・・って普通は作ったこと無いか(汗)

やけどに注意しながら、手でつまんで柔らかくなったら火を止めて、ビニール紐でギュ、ギュっと何度もまいて、管を細くしていきます。

冷めたら紐をはずして出来上がり!

コツがいるので、何度も練習しました。

絞り具合は使用する予定のポンプの性能によって違うので、いろいろ作って試してみます。

最後に、空気を取り入れる穴を開けます。3mmのドリルが良いようです。穴は1個でOK

上の写真、真ん中の管だと、一番くびれたところから下に2mmくらいのところに穴を開けました。これも、いろいろ試してみてください。

13Aの塩ビ管自体は、お安いので、長めに買って納得するまでチャレンジします。

実験は、ポンプとホースでつないで行ないます。13Aだとちょうど家庭用ホースか内径19mmのホースがちょうど良いと思います。

サンプか、海水を別に用意して実験してみてください。

(注意)火の取り扱いは十分に注意する。燃えやすいものは着ない。近くに置かない。軍手着用をお勧め。あとは、自己責任で。

参考ブログはOceanBlue(狩人さん)です。もう少し詳しく書かれていますので、ぜひどうぞ。

次は、本体の作製です。・・・続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

きらきら ウ○コ~!?(自作スキマー1号 24時間後)

Img_4260 うおぉ~!!

・・・すばらしい!

ウ○コがもりもりだぁ~!

ん~・・・いい感じはありませんか!

ちょっと汚くて見にくいですが、目標にしていた感じのものが出ています。

今までのスキマーでも、役割は果たしていたのですが、ちょっとパワーが不足していて泡で汚れを取ることができずに、オーバースキム気味にして汚水で汚れを取っていました。

どちらがいいのかは好みかもしれませんが・・・

この性能で14000円ならば、満足です!

自作してよかった~。師匠狩人さんのブログに感謝です!

これから自作したい方は、たいへん参考になりますのでぜひ訪れてみてください。

今回は、パワーのあるポンプを用意できなかったので、師匠のスキマーよりサイズダウンして作成をしました。

ホットガンも無かったので、家庭のガスレンジで加工しました。ただし、ドリルとホールソーを使用。ホールソーは木工用の安物でOKですが、ホットガンかドリルセットのどちらかはあったほうが良いと思います。

自作記事は後日にアップしますのでお楽しみに!!(・・・って、ほどでもないけど・・・・汗)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

スキマー始動30分後

始動させて30分。どうなっているか観てみた。

Img_4258 わずかだけど良さそうな泡が上がってきている。

せめて、中国製激安スキマーの性能は超えてほしい(汗)

今回の制作費はポンプだけでも、中国製スキマーより高い。・・・っていっても全部で15000円位だけど(汗)

Img_4259 サンプ汚くてスミマセン(汗)。

全体像はこんなかんじで・・・・。

うまく回ったら、製作記事をアップしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作スキマー1号 始動状況

改良型 自作スキマー1号がやっと始動しました。ポンプはRio3100。 見る限りでは、良い泡が出ているように思うがハイパワースキマーを観たことがないので、実際のところよくわかりません<汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

水質記録

亜硝酸塩・・・0ppm

硝酸塩 ・・・0ppm

リン酸塩・・・01ppm

BBシステムの巡回ポンプ設定時間・・・ON4時間、OFF2時間

朝 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

晩 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

Img_4257

今回も、完全に硝酸塩と亜硝酸塩がありません。リン酸塩は0.1で同じです。

実は、5日前から、炭素元の直接添加を控えています。師匠の狩人さんを真似て、ワンクッション、・・・ひと手間おいています。

方法は500ペットに炭素元を入れて、あとは海水で8分まで入れます。シェイクして蓋してサンプへドボーン。使うのは24時間後。つまり、2本の容器で回しています。(師匠はきちんとエアレーションをしています。)

これだけでも、2日目位からしっかりとしたバクテリアの増殖らしき様子が見られました。

こちらの方が、なんか調子が良い気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

このコケは?

BPシステム、つまり炭素元を水槽に添加し始めたから、いつもと違うコケが生えるようになってきた。Dvc00021

なんだろう。これは。

色は薄く、短く、やわらかい。

成長はそれほどは早くない。

うーん。トロロよりはましかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の水槽

最近、自作ネタや、水質などの記事が多かったので久々にお魚ちゃんを撮りました。 現在はとても落ち着いています。 イナズマヤッコは少し肌荒れがありますが、元気だと思います。カタログにも書いてありましたが、やはり体表が弱いのかな? ナンヨウハギが目に見えて大きくなっています。ナンヨウハギは成長が早いですねぇ。 右の水槽は、ボスが不在。本来ならばイナズマがなるのでしょうが、なにせ臆病で。 左の水槽はフレームエンゼルがとても元気です。こちらの水槽のボスはスパインチーク。めちゃくちゃ気が強い。 最近、特に激しく、コバルトが2匹も落とされました。フレームですら追い掛け回されます。・・・こまったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

自作スキマー試作機1号・・・改良点

先日に作成していまいちだったスキマーの改良をしました。

Img_4024 これは、ドライボールが入っている40パイのアクリル管下部の結合部分です。

せっかく泡立てられた海水をスムーズに効率よくスキマー本体へ送るために、出来る限りシンプルに、短くしました。

40キャップに小さめの穴を開け、火であたためて25エルボを直接つっこみました。

また、エルボを1cmほどカットして短くしています。

これにより、泡が逆流することなく本体へ送られるようになりました。

また、本体のアクリルパイプもちょっと短くしました。・・・ちょっと長すぎたので・・・。

結果は、アップした動画の通りです。

あとは、ポンプを購入して稼動実験するのみ。

今回の実験は、メインのポンプを拝借してしましたので、汚水が上がるかまでは出来ませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

自作スキマー1号(改良後)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水質記録

亜硝酸塩・・・0ppm

硝酸塩 ・・・0ppm

リン酸塩・・・01ppm

BBシステムの巡回ポンプ設定時間・・・ON4時間、OFF2時間

朝 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

晩 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

完全に、硝酸塩と亜硝酸塩がなくなりました。リン酸塩も下がっています。

どうやら、スイッチが入った?ようです。

中国製の安いスキマーでこの結果は、「すごい」と思います。

220Lの水量で、魚が17匹。1万円ほどの激安スキマー。クーラーはちと高いですが、海水魚飼育の敷居が低くなってきた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンヨウハギ 白点病治療その後

Img_4025 その後の経過報告です。

本水槽へ入れたのが10月はじめ。ちょうど2週間が経ちました。

とても元気で、完全に治りました。

とっても元気です。

ここで、今回の治療についてのまとめを残します。

あくまで、どうしようもないときの方法です。水槽で自然発生した場合は、勝手に回復することが多いので、治療に入るときは余程のときが良いと思います。

治療方法

基本治療は、グリーンFゴールド(顆粒)+ヒコサンZです。

グリーンFゴールドはあらかじめ、500MLの純水に溶かして使います。使用量は説明書の半分程度が目安です。ヒコサンZは説明書の通りに使います。

二つ目は、毎晩、海水を全量換水します。

これを、白点が視認できなくなってから1週間ほど続けます。このときは、だんだん薬の添加量を減らしていってください。今回は2週間ほど。

次に通常の飼育水にして、魚の体力回復をします。今回は、1ヶ月ほど。

しっかり体力が回復したのを見計らってから、本水槽に戻します。このタイミングを間違えるとまた白点病になってしまい、魚に更なる苦痛を与えてしまいます。

注意点として、魚の種類によって薬への耐性が違いますので、魚の様子がおかしい場合はすぐに薬を薄めるか、薬を抜いて様子を見てください。

以上です。以上は、あくまで私の個人的な治療法ですので必ずしも正しいとは限りません事をここに記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

自作スキマー 試作1号 

Img_3913
自作プロテインスキマー完成~!
試作1号機がやっと出来ました。
早速、稼動テスト

おや?本体の水位が上げられない。手前のバレルで水を泡立ててから、本体へ送るのだが、これ以上、水位を上げると40φのパイプがあふれちゃう・・・・・

うーん、原因は・・・・?

一つは、サンプとの水位の関係で、あわ立ててから本体まではなるべく短いほうが良いかな?パイプの太さも関係あるのだろうか?太くするべきか、細くして水流の速度を上げるべきか・・・?

本体への取り付け位置も含めて、再度の調整が必要かな・・・?

うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

水質記録

亜硝酸塩・・・0ppm+

硝酸塩 ・・・0ppm+

リン酸塩・・・0.2ppm

BBシステムの巡回ポンプ設定時間・・・ON4時間、OFF2時間

朝 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

晩 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1活性液10cc

リン酸塩以外は順調に下がっている。亜硝酸塩と硝酸塩の値は、以前の「従来型OF+嫌気濾過」には及ばないが、リン酸塩を含めた評価ではすでに勝っていると言える。

お魚水槽の我が家でも、サンゴが気兼ねなく飼える日が近い気がする。・・・まあ、リン酸塩吸着剤を使っているのでまだ、なんともいえないか(汗)

いよいよ、本当に濾過材がいらなくなるなぁ。もったいないなぁ。だれか、もらってくれる人いるかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

照明 自作 ~電球型8灯(90cm用)~ 取り付け

昨晩に製作した照明を早速置いてみた。

Img_3898_2 うん。まあまあかな。

やはり横からかなりの光がこぼれるな。

でも、密閉しちゃうと熱がこもるし・・・・

あとは、つるすだけ?

Img_3899 で、100円ショップで鎖を購入。

あまってたアルミ板でサイドカバーを作成。(曲げただけ。両面テープでピタ!)

完成しました~!

総制作費は8000円ほど。

材料は、けっこう大きめなホームセンタでないとそろわないかも?

けっこう明るいし、満足なものが出来ました。

そして、もうひとつ、自作を試みているのがプロテインスキマー。

ノズルがこれ。

Img_3897 ダウンドラフトを作成する予定です。

一番右が、良い感じかな?あんまり絞りすぎてもダメみたい。

けっこうむずかしいですね。10本くらい作っちゃいました。

さあ、いよいよ本体を!・・・と思ったら、結構むずい。ガスコンロじゃちょっと無理かも。ホットガンが必要だよな・・・やっぱり。

どうするか・?すこし考えよう。(予算もあるし(汗)

ポンプがRio3500の予定なので、あまりハイパワーではありませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

照明 自作 ~電球型8灯(90cm用)~

どうも、水槽の明るさが足りない。・・・と言うのも「ミドリイシ」を出来心で購入してしまったためです。普通ならメタハラなどの高級照明器具が必要なのですが、蛍光灯で何とか育たないかなぁ~・・・

と思いつき製作を決意!いろいろ考えた結果「電球型蛍光灯」を使った多灯照明に決めました。

材料費が安いこと。作りやすそうだったこと。電球を増やしたり、替えたりが安易に出来ることが今回のコンセプトです。では、早速。

Img_3888材料はこちら。(90cm水槽用)

アルミ板100cmX50cmX3mm

アルミ角材100cmX3cmX1cm

耐熱電源コード3mくらい

陶器製電球ソケット・・・8個

100Wクラス蛍光灯電球・・・8個

コンセントオス1個、コード止め1セット

あとは、工具。プラスドライバー、ペンチ、ニッパー、電動ドリル、カッターナイフ、それと、お風呂ボンド。

Img_3890 まずは、フードを作ります。

今回は、切らずに使いました。幅50cmのうち、フード部を各20cmづつ。中心部を10cmにします。

加工は簡単。曲げるだけ。・・・って侮ったらいけません!大きいので結構たいへんでした!しっかり木の板で挟んで、木片でそえて、叩いて曲げます。

道具がなかったので、子供におもりになってもらいました。Img_3891_2

で、こんな感じで。

結構たいへんでした。

出来れば、きちんとした木材と万力などを用意したほうが良いかもしれません。

これのフードの上に当たるところにアルミ角材を補強のためにとネジで取り付けておきます。

次は電気配線。電気配線は資格がないと行なってはいけません。自己責任でお願いしますね!(海水は怖いよ~。電気で火がでるよ~)Img_3893Img_3894

で今回はこんな感じ。20cmづつに切った電線をこのようにつなげていきます。すべてのソケットは、同じ色、同じ場所につなげます。

今回は、水周りで使用しますので、お風呂ボンドで防水加工。

こんな感じ。

Img_3895

これを先ほどのフードに取り付けます。

こんな感じ。

あらかじめ、均等になるようにマジックでしるしをつけておくと良いですね。

取り付けるための穴はドリルであけておきましょう。

Img_3896

これに、引っ掛けるフックを取り付けて完成~!!

・・・まあまあかな。素人だし。

明日、早速取り付けてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

水質記録

亜硝酸塩・・・0.05ppm

硝酸塩 ・・・2.5ppm以下

リン酸塩・・・0.2ppm

BBシステムの巡回ポンプ設定時間・・・ON4時間、OFF2時間

朝 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1 10cc

晩 玄米黒酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc、EM1 10cc

変更・・・紅酢をやめ、玄米黒酢に変更、EMはまだ原液を使用。

だいぶ、栄養塩の数値は落ちてきました。リン酸塩は、吸着剤の力を借りていますが、徐々に鉄釘を増やして、いずれは「BBシステム」と「鉄釘」だけで0.1ppmを維持できたらを目指したいですね。

そういえば最近、水槽のアクリル面につくコケがちょっと変わってきている。・・・いや、明らかに違うな。なんか長~い感じ。・・・これ、コケ?バクテリアの塊とは違うのかな・・・?うーん?掃除前に、写真撮ればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

EM1 買っちゃいました。

迷っていた「EM1」を購入しました。

どうやら、隣町の我孫子にEMの専門店がありました。早速購入。

買ってきたのは「EM1」と「糖蜜(モラセスシロップ)」

Img_3887 EM1は500ml、モラセスは200ml

EM3も欲しかったのですが、予算オーバーです(汗)

とりあえずこれでいきます。

(EMはメーカーサイトで販売所が調べられるようです。

糖蜜は、輸入食料品店やデパートでも買えるかも知れません。

Img_3889 早速、EM活性液の仕込みです。

基本形で今回は行きます。。

お勧めの純水2L(45度), EM1 60cc、 糖蜜 60ccで仕込みました。

先に糖蜜からお湯に入れて溶かすのが良いようです。

これで1週間でEM活性液が出来るはず。

・・・せっかちな性格なので、本日から原液を5cc投入を始めました。

さてさて、どうなるかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水質記録

亜硝酸塩・・・0.5ppm

硝酸塩 ・・・2.5ppm

リン酸塩・・・0.2ppm

アンモニア・・0ppm

BBシステムの巡回ポンプ設定時間・・・ON4時間、OFF2時間

朝 紅酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc

晩 紅酢2cc、みりん1cc、リポDノンカフェイン1cc、PSB5cc

亜硝酸塩は上がり気味。推測に過ぎませんが、亜硝酸塩を処理するバクテリアが少ないのと、スキマーの処理能力が足りないのかもしれません。

このところ、スキマーの水位を低めにしていたので、濃い汚水が採れてはいたのですが、オーバースキムにした方が亜硝酸塩は低いように感じます。スキマー設定をオーバースキム気味に変更しました。

そしてリン酸塩!

やっと0.2ppmまで下がりました!

これが、吸着剤のおかげなのか?鉄釘のおかげなのか?紅酢を増やしたおかげか?はたまたすべてが効果を出しているのか?

とりあえず下がっていたリン酸塩にほっとしました。

もう少し落としたら、吸着剤を抜いて再度チャレンジですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

買っちゃいました!深場ミドリイシ~

今まで、サンゴには興味がありませんでしたが、まじまじ見てみると・・・・高~い!

サンゴって結構するのね・・・。魚が安く感じる(汗)

で、今回購入したのがこれ。

Img_3883 Img_3886 深場で、一番安いやつ。って買ってきました。・・・・・?なんのミドリイシだっけ??

閉店間際まで迷って、焦ってたので聞きそびれた・・・

Σ(;・∀・)

あと、オレンジスポンジも購入~。

さて、蛍光灯で大丈夫かな・・・。

リン酸塩も気になるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »