« 本日のガンダム | トップページ | 水質記録 »

2009年8月22日 (土)

サンゴは高温に弱い その意味は?

昨日、ある博物館へ行って来ました。そこで一つの疑問が湧きまして。もしかして当たり前の話で、「そんなことも知らんのか?」と思われる内容の場合は無視してください。

お台場の「船の科学博物館」。そこの展示の一つに

「地球温暖化 絶滅の危機 石垣島の珊瑚礁」

というのがありました。まあ、題名通りの内容で

「現在、石垣島では綺麗な珊瑚礁の白化現象が始まっている。これは温暖化による海水温の上昇が原因といわれ、あと1度、海水温が上昇すれば石垣島のほとんどの珊瑚が白化してしまうだろう」

といった内容です。珊瑚の仕組みや生態、環境や、石垣島の漁師さんの話を交えて説明をしていました。

・・・1度の水温上昇で白化??

いくらなんでも、そんなに珊瑚は弱くないだろう?・・・現に飼育していても3.4度の変化もへっちゃらだし。

・・・それでも、白化は始まっているのは事実。

では、どういうことなんだろう。

最高水温が問題なのか?それとも平均水温が問題なのか?褐虫藻と珊瑚のウイークポイントにずれがあるのか?

自然の珊瑚のある環境は結構きびしいと思う。浅瀬の珊瑚であれば一日のうちでも温度変化はあるだろうし、潮の干満、波、雨、それこそ多くの変化があるはず。(こちらに興味深い記事があります。OceanBlue狩人さん「珊瑚礁の水温」)

あくまで憶測でものを書いて申し訳ないが、自然界の珊瑚は、もっとも栄えることが出来る環境と生きていけない死滅環境はすぐ隣、隣接関係にあるのではないだろうか?

そういったぎりぎりの状況でこそ、石垣島の珊瑚礁は、あれほど綺麗な繁栄が可能で、それはとんでもなく絶妙なバランスの上に成り立っている・・・・。そう考えられるのではないだろうか?

もし、そうであれば、珊瑚の家庭飼育における最高の環境づくりは、とてもタイトな道だろう。

|

« 本日のガンダム | トップページ | 水質記録 »

その他」カテゴリの記事

コメント

ここもいつもの勘ですが
1日のうちで最低水温がしっかり下がる状況なら大丈夫なんじゃないかな?、と思ってて

平均水温が1℃上がる事で当然最低水温も下がりきらなくなるって事で
「1度の水温上昇で白化」
って言うのも まんざら間違っていないように思います

ただ自然海もかなりスレスレの状況なんでしょうね

投稿: 狩人 | 2009年8月26日 (水) 10時10分

狩人さん 
最低水温ですか・・・そうですね!そう考えるほうが自然な感じもしますね。
でも、最高の環境(繁栄)と滅びが隣り合わせだとしたら、人間みたいですね(汗)

投稿: フラン | 2009年8月26日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541319/45996161

この記事へのトラックバック一覧です: サンゴは高温に弱い その意味は?:

« 本日のガンダム | トップページ | 水質記録 »