« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

アクアリフト 5日目

アクアリフト 浄化能力実験 5日目

水質検査

亜硝酸塩 0.5ppm  、硝酸塩 5ppm  、リン酸塩 0.2ppm

亜硝酸塩濃度が非常に高くなっている。硝酸塩も開始より高い数値だ。それに比べリン酸塩の濃度が下がっている。

亜硝酸塩と硝酸塩の濃度が上がっているのは、アンモニア(残飯)が処理されているのだろう。アクアリフト単体でも処理能力があるのはわかったが、能力はきわめて低い気がする。

リン酸塩が下がっている。アクアリフトのバクテリアにリン酸塩を分解するものがいるのだろうか?

実験環境

本水槽の水・・・3L

活性化済みエアリフト65を投入。

ライブロックのカケラ・・・一片

他はエアレーションのみです。

有機物として餌を少々。

水質測定(初期値)

亜硝酸塩・・・0.1ppm、硝酸塩・・・2.5ppm、リン酸塩・・・7.5ppm

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

やっちまった!

やっちまった!漏電で火災寸前!

自作水槽・・・構造欠陥、不注意、アクシデントによる水漏れの危険性あり

電源位置・・・コード長やコンセント位置などで設置場所に制限がある

「大丈夫だろう」はイカン!やっちまった。

Img_3641 被害は、電源コード、エアポンプ。

機器の被害は少ないが壁紙は真っ黒。

大奥が掃除に4時間もかかってしまった。私も3時間ほど水槽の復活作業に・・・。

皆さんも、火事はシャレになりませんので不安な方は再度、点検してくださいね!もしもあふれたら!もしも配管が外れたら!など幾通りも想像をめぐらせてリスクを軽減させる。

こんな、ずさんなのは私だけかな・・(u_u。) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

アクアリフト 実験開始

本日、正午に実験用水槽を設置

Img_3640 本水槽の水・・・3L

活性化済みエアリフト65を投入。

ライブロックのカケラ・・・一片

他はエアレーションのみです。

有機物として餌を少々。

22時 水質測定

亜硝酸塩・・・0.1ppm、硝酸塩・・・2.5ppm、リン酸塩・・・7.5ppm

以上をスタートの値とする。水質検査は3日目、1週間目、2週間目を予定。

(経費削減です( ̄Д ̄;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変身! インドキンギョ

インドキンギョがオスに大変身しました!

Img_3633 オスなるとだいぶ変わりますね・・・。ヒレは黒になり形状の変化がありました。色は本にあるように頭が赤っぽく体は黄色です。

見た目どおり、以前よりもだいぶ攻撃的になりました。一回りおおきいチョウチョウウオに突進します。しかしその反面、完全に色変わりしてからはメスに親切!?な感じがします。

色変わりを確認してから10日目ほどです。たぶんこれで完成?かな?

ついでに水槽全体写真をアップ!

Img_3639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

水質検査 と 水槽の状況

硝酸塩 2.5ppm

リン酸塩 6ppmくらい?

嫌気濾過のほうも硝酸塩は検出されず、だいぶ安定してきたみたい。リン酸塩も少しずつ下がってきています。何もしなくても、換水してれば下がってくるでしょう。あまり急激な水質変化は良くないですものね。

現在、ほとんど珊瑚が入っていない(スターポリプ3種くらい)水槽なので十分かな。スターポリプはどんどん増えています。

四苦八苦していたフレームエンゼルの白点病も完治には至っていませんが、落ち着いているようです。

さて。だいぶ落ち着いてきたところで何をしようか。現在、我が水槽にはまともなスキマーがありません。リアクターもありません。是非に作成したいところなのですが・・・・。ちょっとそこまでの時間もありません。(どれだけ失敗作が出るか・・怖いが本音!?)( ̄Д ̄;;

うーん。海にも行きたいし・・・。

そうだ!アクアリフト。そろそろ熟成もいい頃かなぁ。本水槽の濾過槽に入れてあるが、いまいち効果が実感できていない・・・。実験水槽で検証でもしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

水質記録

硝酸塩 2.5ppm

リン酸塩 0.75ppmくらい

昨日、嫌気濾過の設定を変えたのでばっき槽の硝酸塩濃度を測定。

硝酸塩2..5ppm・・・? あれ?おかしいな。機能していない。

・・・で、調べてみたら1秒7滴位に・・・・。調節コックに使用している部品が良くないのでしょう。また、排水ホースがちょっと長すぎるのかもしれません。きちんと合わせたつもりでしばらくすると、違っていたりします。

再度、設定。1秒4滴に。これなら、今度こそ嫌気状態になるでしょう。

しかし、リン酸塩!

いくら鉄釘が偉大でも、一度あがってしまったものを下げるのは、さすがにしんどいかな?一度、リン酸塩吸着剤を使用してみるかな・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

水質記録

硝酸塩 2.5ppm

リン酸塩 7.5ppm

若干リン酸塩が下がっているよう?・・・一昨日の砂利掃除に50Lを換水したので、それが理由かもしれない。

嫌気濾過の調子が良いようなので、嫌気状態を崩さないように処理水量を増やす調節をした。1秒3滴 → 1秒5滴

他にないので・・・カクレ君をアップ

Img_3624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

底面砂利掃除 (タイトル変更!)

本来、別の意図があったのですが・・・。底面砂利の汚れが気になってのお掃除ということで。砂利の大掃除大作戦。うちの底面砂利はプレナムを設けてあったのでちょっと怖いですが・・・。

とりあえず道具

Img_3615 ただのホース。これで砂利を吸い出します。

あと、砂利を吸い出すので補充用の海水も用意します。今回は9kgの砂利を吸い出すのに50Lを用意しました。

被害が他へいかないように、循環ポンプを止めます。それぞれの水槽には簡易エアーレーションのみ。大事なお魚は非難させましょう。(今回はヤッコだけ非難させました。)Img_3616

で、こんな感じ。ついでにお掃除!お掃除!

頑固な汚れは、マジックスポンジで。これが優れものなの。

砂利を取り出したら、かわりの海水を入れてシステムを起動させておきましょう。砂利の掃除には結構時間がかかります?

よーく取り出した砂利はよーく洗ってください。水道水で30回ほどゆすぎました。・・・よっぽど汚れてたんですね・・・。で、ついでに熱湯消毒~!・・・・うーん。わらわらとたくさんの生き物がいたので、大量虐殺の気分・・・。

Img_3617_2

綺麗になった砂利。たしかレッドシーの製品だったかな。

これをそーっと水槽に戻しましょう。

戻したら、後片付けして完了!今回はだらだらお仕事したので4時間ほどかかってしまいました!

今回の作業の参考サイト(umizuki.com様)詳しく書いてあるので、参考になりますよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

インドキンギョ オスに?

インドキンギョの色が変わって来ました。この2日くらいで急にです。

上が普通の。下が色が変わってきたやつ。

Img_3629 Img_3628

確か、ショップの人がオスになると色が変わると?本によるともっと赤くなるらしい。

でもなんか、すこし凶暴になってきてるような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リン酸塩除去 記録

硝酸塩 2.5ppm

リン酸塩 1.0ppmより若干薄くなった気がする。

鉄釘投入4日目です。餌を減らして、あさってに鉄釘をもう十本追加予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

鉄釘投入 1日目

写真なしですが、釘は赤さびがびっしり。見事な赤いモコモコです。

で、気になるリン酸塩濃度は・・・・・ジャーン!1.0ppm!変わりなっし!!

・・・・まあ、そんなすぐにかわらないっしょ。毎日、リン酸塩も増えているわけだし。

200Lの水量に魚が15匹。(アミチョウM 1匹、インドキンギョM 2匹、カクレL 3匹、スズメL 5匹、フレームエンゼルS 1匹、マロンクラウンL 1匹、マンジュウイシモチM 2匹、スカンク 3匹、ヤドカリ 5匹) 

で、従来型オーバーフロー、スキマーは簡易型。増えないわけがない ┐(´д`)┌ヤレヤレ

餌は冷凍ホワイトシュリンプ1個、冷凍ブラインシュリンプ1個、乾燥えさ(SURE)3さじを一日2回。比較対象がいないのだけれど、餌は多いほうなのではないのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

鉄釘投入 (リン酸塩対策)

鉄釘を投入

Img_3612 Img_3614

ばっき槽(1.5Lペットボトル)に結わいた釘6本。カップに入れて濾過槽へ8本。現在のリン酸塩濃度は1.0ppm

さてさて、どうかな~( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

リン酸塩 除去を考える。

先ほどの測定で 1.0ppm

鉄釘が入ったばっき槽の水も1.0ppm

うーん。どないしよ。鉄釘が鉄じゃないものになっているんだろう。きっと。・・・・

・・・・と、いうわけで近々に鉄釘の大量投入!!たしか好気状態が良!のはずなので・・

5寸釘を30本ほど濾過槽やエアリフトスキマーにぶち込む予定。はたして1.0ppmX200Lもの濃度を処理できるのか・・・・?これでダメならバイオだのみ?

バイオ製品の「アクアリフト」や納豆菌はリン酸塩にはまったく効果がないのだろう。「アクアリフト」はどちらかといえば硝酸塩の処理なのだろう・・・〈そういえば書いてあったかな?〉

うちも黒酢とみりんでも入れるかな・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

水質検査 記録

検査薬が早くも届いたので早速の検査

飼育水

硝酸塩 1ppm

リン酸塩 1ppm

カルシウム 500ppm

嫌気濾過水

硝酸塩 0ppm

アルコールの添加により、やはり嫌気濾過が完全に立ち上がっている。これはうれしいのだが、アルコールを入れ過ぎたようなので水槽へもれているようだ・・・・。今のところ何も起きてないが・・・こわいこわい(汗)

しかし、ほとんど気にしていなかったリン酸塩が非常に高いようだ・・・。我が家の珊瑚はスターポリプだけ。非常に元気だったのでリン酸塩は眼中になかった。おそらく他の珊瑚を入れたらダメダメだろう。

一応は、ばっき槽に鉄釘が入っているのだが、あまり効果を上げていないようだ。鉄釘の状態が悪いのかもしれない。新品を入れようかな・・?

次はリン酸塩を下げる対策を考えるとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌気濾過 その後

エチルアルコール(医療用99%)を20mlを嫌気濾過に入れてから数日が経ちました。検査薬がほとんど切れていて、各種検査が出来ないのですが、見た目の状況を確認。

翌日 嫌気濾過内に大量の気体物の発生を確認。おそらく急激な脱窒が行われたのではないかと推測。排水口のばっき槽は白い膜のようなものが。エチルアルコールが多すぎて溢れたためと推測。次回は10mlかな?

翌々日以降 相変わらず気体の生成が確認される。うまく機能していると思いたい。ばっ気槽は相変わらず白い膜が張っている。

水槽・・・特に目立った変化はなし。こけの発生が鈍っている。

昨日、検査薬を注文したのでこれを待っていろいろ調べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

水槽記録 20090712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

嫌気濾過 なぜ立ち上がらないのか?

嫌気濾過がなぜ立ち上がらないのか?ちょっと考えてみる。

もう、一ヶ月以上立ち上がらない。嫌気タンクの構成は以前に正常に機能していたものを使用している。生分解性プラスチックも少々だが入れてある。なぜ?

硝酸塩濃度は、飼育水、嫌気濾過水とも同じ10ppm

しかし、亜硝酸塩濃度は飼育水0ppm、嫌気濾過水は2.5ppm

これは?・・・おそらく嫌気性バクテリアの一部は機能しているのだろう。というのは、少し調べたところ、嫌気性バクテリアの種類に「硝酸塩→亜硝酸塩」の働きをするものと「亜硝酸塩→窒素還元」するものと居るらしい。これは推測に過ぎないが前者のバクテリアが多く、後者のバクテリアが非常に少ない状況なのだろう。嫌気状態を保っていれば、徐々にバランスが取れてくるとの文献があったが本当だろうか?

とりあえず、文献を信じてみて、新たなる炭素元に「アルコール」を添加して状況を見たいと思う。

※本日「エチルアルコール」10ccを嫌気濾過装置内に添加した。

本日も培養納豆菌 10ccを添加。硝酸塩には特に変化なし。リン酸塩測定できず効果は不明。水槽の状況は特に変わらない。ただ、先週から水槽のガラス面などへのコケが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

イナズマヤッコ 死去

本日夕刻、容態が突然悪化。ただいま☆になりました。昨日の記事のように一見して、治療がうまくいっていた様子だっただけに、さらに残念。

今月のお買い物で、初めての1万円クラスの魚種を2匹も手にいてました。海水魚飼育暦2年足らずですが、考え調べて経験し、それなりの自信はありました。ですが、このザマです。

なにがまずかったのか?もしかしたら今回の二匹は、誰が飼育していてもダメだったかもしれません。ただ一ついえることは、私自身に驕りがありました。

・・・・しーかっっし!!!!こんなことでは、あきらめません!ぅぉぉぉー

ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

リベンジを誓う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

イナズマヤッコ 治療中

淡水治療を続けていたイナズマヤッコ。本日から、淡水浴をやめて様子を見ている。ちょうど左のヒレが半分なくなっているのが見えます。ちょうど左側の荒れがひどかったです。今は進行が止まっているように見えます。このまま様子をみて、体力回復へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキマーの泡があがるとき その二

本日、19時。昨日好調だったスキマーの泡がもう上がっていなかった。

納豆菌 5cc、飽和水酸化カルシウム水500cc添加

2時間後、泡が上がってきた。

性能が低いスキマーだけに、こういった差がはっきり出るのだろうか?

飼育水を1/3ほど変えたばかりなのだが、硝酸塩濃度に差がない。ということは?・・・やはり、バクテリアの処理だけで、10ppmの濃度を維持しているということだろうか?従来型オーバーフローで簡易スキマーしかない、しかも嫌気濾過も立ち上がっていないシステムとしては、10ppmを維持できているのはなかなか立派なのでは?

なんだかわからないが、バランスが取れている状況。まず間違いなくバクテリア達のおかげなのだろう。こう考えると「バクテリアのバランス」に興味が出てしまう。

次は納豆菌だけで試そうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

スキマーの泡があがるとき?

Img_3609 これ、我が家のスキマー。2Lの丸ペットボトルと通常の1.5Lペットボトルで作ったもので、ウッドストーン2個のエアリフトタイプです。(今度機会があったら作り方載せますね)

まあ、たいした物じゃないんだけど・・・。最近ずっと汚れが上がっていなかった。

前から思っていたのだが、泡が上がるときって

・水酸化カルシウム飽和水を添加したとき?

・大量に換水したとき?

・しばーらく、手を水槽に入れてないとき?・・・で、結局よくわからない。

上の写真。白くて綺麗な泡が上がっている。久しぶりに泡を見た(爆笑)

考えられる違いは、「納豆菌」と「アクアリフト」。両方ともバクテリア関係です。

狩人さんが現在、バクテリアをいろいろ試しておられますが、水の粘度とバクテリアはやはり関係があるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアリフト

アクアリフトが少し膨らんで来たように感じます。

Img_3610 どうだろう?うーん。微妙┐

( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

何らかの効果があるのかな?まあ、しかし、何の影響かわからないが、本水槽の硝酸塩は10ppmまでしか上がらないし、これらの影響はあるのかもしれない。

来月に資金が調達できたら検査薬を購入して・・それからかな?・・クイーンのリベンジもしたいのだが・・・資金不足?

( ̄Д ̄;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナズマヤッコ 治療状況

バカ者の私は病気のヤッコを買ってきてしまった(汗)しかも2匹も(大汗)

クイーンはすでに☆。ですから是が非でもイナズマには完治してもらいたい。

で、何の病気なのか?・・・わかりません。

体表がただれ、ヒレは溶け、目が曇っている。しかも、薬浴「ヒコサン+グリーンF」も効果がない。打つ手が無くためしに「淡水浴」・・・?目から何か複数のものが剥がれていったような??

これは「ベネデニア症」では無いだろうか?どうやらベネデニアには淡水浴が効果があるらしい。

というわけで現在淡水浴治療中です。最大で一日3回。その後一日一回。

Img_3608

現在は、病気の進行は止まっているように見えます。えさは、冷凍ですがコンスタントに食べるようになりました。動きもだんだんと活発になり、狭い水槽に入れてありますが、素手で捕まえるのがちょっと厳しい。

上向き傾向なので、よい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

納豆菌 投入開始

7月1日 納豆菌の水槽への投入開始

とりあえず1日1回5cc

攪拌し白濁した状態の液体を使用。

話は変わりますが、なぜか嫌気ろ過が立ち上がらない。うーん。・・・ろ過材を抜くか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »